先生

中絶手術の費用相場を知ろう|初期と中期で異なります

手術の負担が減る時期

診察室

東京にいるカップルの中には、予定していない妊娠が発覚して堕ろすかどうか悩んでいる人がたくさんいます。恋人ができたら多くの場合は大人の関係になりますが、避妊を正しく行なわないと妊娠する可能性が高くなります。もし、恋人と話し合って妊娠を継続させるなら問題はないのですが、経済的な理由などで継続が難しい場合は、なるべく早めに堕ろす決断をするべきです。もちろん、女性にとって中絶という選択は辛く悲しいものですが、一時の感情だけで子供を生む選択をした場合、自分自身だけでなく子供にもつらい思いをさせてしまう恐れがあります。妊娠初期の段階であれば、東京のクリニックで掻爬法という堕胎方法で手術を行なうため、体へ与えるダメージを少なくすることができます。しかし、選択が遅れてしまうと、体に多大な負担がかかってしまいます。

東京のクリニックで中絶を受ける最適な時期は、妊娠5週から11週までと言われています。妊娠週数の数え方は複雑で、一般的に最後の生理が起こった初日を妊娠0日とカウントします。つまり、妊娠5週というのはすでに妊娠してから1ヶ月以上度経っている時期ですが、まだ初期の段階であるため、手術方法も簡単です。しかし、12週を過ぎてしまうと妊娠3ヶ月となり、中期という時期に突入します。中期の中絶手術は初期よりも難しく、場合によっては痛みを伴うこともあるので、母体への負担は大きくなります。また、東京では法律で妊娠21週6日までは中絶が認められているのですが、20週以降の後期に中絶をする女性は滅多におらず、多くの女性が5週から12週の間に東京のクリニックで中絶を受けています。